×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Sanguivorous in KIMO THEATRE & Warehouse21 in NM


11月12日、13日、『吸血』は『Sanguivorous』として米・ニューメキシコ州にある
二つの映画館で上映されました。
企画当初に近い上映手段(生演奏をつけた上映)で初の北米上映を果たしました!

配給のTidepoint社並びに参加してくれたミュージシャンの皆さま、
さらに今回の上映のサポーターとなって頂いた各スポンサーの皆さまに
心から感謝申し上げます!



吸血対談!! 吉本直紀 × 竹藤佳世
11月15日『吸血』上映会で開かれた吉本直紀と竹藤佳世のトークセッション。

『吸血』の話題のほかに、共に第20期イメージフォーラム映像研究所出身の
両者のその後の10数年間の作家活動の話題。アンダーグラウンド、
インディペンデント映画作家、はたまたローバジェッド映画制作で作家として歩んでいる
二人の興味深い会話です。 約33分


● トーキングヘッズ叢書 No.39
   「カタストロフィー 〜セカイの終わりのワンダーランド」

   志賀信夫 『エロスと肉体 ● 映画「吸血」を見る』

   前回、トーキングヘッズ叢書 No.33 で「舞踏と吸血鬼の遭遇」という記事を
   書いてくださった舞踏批評家の志賀さんの見開き2ページ最新記事です。
   志賀さんありがとうございます!


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   トーキングヘッズ叢書 No.39
   「カタストロフィー 〜セカイの終わりのワンダーランド」
   A5判208頁・定価1500円(税込)ISBN 978-4-88375-104-4
   発行=アトリエサード/発売=書苑新社

   発売中!!

   http://www.a-third.com/shop


● 俳句同人誌 『逸』 no.26
   『インディペンデント映画の精神 映画「吸血」 吉本直紀』


 昨年11月『吸血』完全版大阪上映を主宰していただいた花森こまさんが
 発行する俳句冊子『逸』に、吉本監督の『吸血』のエッセイが掲載されました。
 ご興味ある方は、こちらにメール ください。
 花森さんの連絡先をお伝えします。





第3回完全版完成披露試写会 2009.7.24 渋谷 UPLINK
無事終了。
参加者には作家の高原英理氏、日本大学芸術学部映画史研究家 岩本憲児氏がお越し下さいました!

第1回完全版完成披露試写会 2009.4.4 原宿 KINEATTIC
完成記念披露試写会を原宿キネアティックで開催しました。
会場にはおよそ12、3名の招待者の皆様がかけつけていただき、
沢山の暖かいコメントを頂戴しました。
コメントページを是非ご覧ください! こちら
今後も本公開までに数回の試写会を開きコメント、ご感想を集めていきたいと思っています。
第2回は4月某日。
ご興味ある方は こちら にメールください。
どうぞよろしくお願いいたします。
ポスターの前で記念写真〜左から実行委員会リーダーの中山氏、監督吉本、
出演の室伏さん、そしてプロデューサーの永松さん
吸血 新チラシ完成!
コチラ↑は完成披露試写会のため急遽作られたチラシ。
ぐっと旧来のホラー映画テイストが現れた感じ。強烈です。


↑コチラは昨年5月上映に作られたチラシ。
アングラ感覚と透明感がある感じがステキです。
ビデオレポート「吸血 運営実行委員会リーダーに迫る!」
2009年2月13日、阿佐ヶ谷 よるのひるね で上映した吸血レポートを YOUTUBE にアップ。

2008年11月22日大阪上映

俳人 花森こまさん主宰「逸の会」のご招待で「吸血」完全版を上映させていただきました。
これが正式なる完全版第1回上映(のち、若干の直ししましたが・・)でした。
監督吉本、運営リーダーの中山と二人で大阪へ向かい、緊張の中、上映を成遂げました。

俳人 五十嵐さん、こまさんからコメントを頂戴しました。
コメントページをご覧ください。

7/22 up ----------------------------------------

鬼女、吉永睦子所属するテラ・アーツ・ファクトリーの新作公演
『ジュリエット/灰』で劇中映像を吉本監督が担当します!

吉永さんは同作品の宣伝美術を担当されます!

テラ・アーツ・ファクトリー「ジュリエット/灰」
新宿村LIVE 7月24日(木)〜27日(日)
会場 新宿村LIVE
前売2,800円 当日3,000円 学生2,500円
詳細はこちら(http://taf2.hp.infoseek.co.jp/page121.html)

『Nowhere』 ワシントンDC現代美術博物館にて公開!






吉本監督2006年度短編映画『Nowhere』が世界各国の都市で上映ツアーを展開する
Int’l Fest of Cinema & Technology に正式招待されました。
☆ 後にこの作品は同映画祭でデジタル革新賞にノミネートされました!

上映地 Museum of Contemporary Art, Washington DC MOCA DC
ワシントンDC現代美術博物館
日程 Saturday August 2nd, 2008 4pm 〜 6pm
2008年8月2日(土) 16時〜18時
Int’l Fest of Cinema & Technology

吉本監督の公式サイトも合わせてご覧下さい



5/23 up ----------------------------------------

室伏鴻さんが慶応義塾大学にて公演を行います。

時  2008年5月26日(月)19:00-19:50

場所 慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎イベントテラス / シンポジウムスペース

詳細はこちら



3/24 up ----------------------------------------
柿澤亜友美  主演舞台 3/25 26 公演!

八百屋お七-テロル版〜YAOYA OSHICHI Terrorism Version
◆劇場  シアターX(カイ) 
東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア内

◆日時 ●3/25 19時- ¥3000  ●3/26 14時- ¥2500 / 19時-¥3000
詳細は こちら RoomRudence Web Site


2/20 up ----------------------------------------
『吸血』正式上映決定!!
 
◆日時 2008年5月9日(金) 10日(土)
  両日とも19:00〜

◆シアター
    
原宿KINEATTIC
    http://www.kineattic.com/

◆チケット  1000円

*チケット料金は当日受付にてお支払いください。
*席数が30席と限られておりますので、ご来場の方には事前のご
予約をお願いしております。
チケット予約はメールにてお申し込みください。
当日は上映30分前より受付を開始いたします。全席自由席となり
ます。
◆当日は、出演者・スタッフも来場します。
ゲストによるイベントの開催など決定しだい随時ニュースをアップして
いきますので、是非ご覧ください。

トーキングヘッズ叢書(TH Series) 新刊 No.33
『ネオ・ゴシック・ヴィジョン』にて映画紹介記事掲載!


「吉本直紀監督・吸血」……舞踏と吸血鬼の遭遇●志賀信夫

お買い求めはこちらから

■アトリエサード
http://www.a-third.com/shop

■Amazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883750884/atelierthirho-22